ダイエット中の食事とたんぱく質

食事に気を使うことはダイエットをしている時は大事ですが、
食事とはカロリーばかりではありません。

低カロリーの食品ばかりにして、摂取カロリーを
少なくすることは間違いではありませんが、
食事の栄養バランスも考える必要があります。

ダイエットのためにと食事の量を少なくしている人の場合、
たんぱく質が欠乏していることがあります。

たんぱく質をある程度食事から摂取しておかなければ、
健康状態をよりよいものにしておくことはできません。

たんぱく質を含む食材といえば、牛乳やチーズ、肉類や魚類になります。

カロリーが高い食材が多いために、ダイエット中はついつい
敬遠してしまいがちな食材であるといえるでしょう。

体内のたんぱく質が十分でなくなると、筋肉量が低下するために、
基礎代謝の低い体質になってしまいます。

ダイエットをしている時に、基礎代謝が下がると、
何かのきっかけですぐに体重が戻るリバウンドのリスクが上がります。

基礎代謝と言うのは、体を動かさなくても消費されるエネルギーの事で、
ダイエットをする時には気をつけなければならない点です。

基礎代謝は、年齢や性別、普段の活動量のほか、筋肉量にも関わっています。

筋肉が多い人ほど、基礎代謝が高くなる傾向があります。

ダイエットの効率を上げるには、食事に含まれるたんぱく質を減らし、
低カロリーの食事にすることは理にはかなっています。

ですが、体内に蓄えられている筋肉の量が少ないと、基礎代謝が低くなって、
ダイエットの効率が上がらなくなることも指摘されています。

ダイエットをしているからといってカロリーの
少ない食事ばかりをするのではなく、たんぱく質も確保しましょう。

そういった面でも今は食事に混ぜるだけ!
のカロリーオフ出来る物もあります。

ダイエットは無理が一番危険です。
ある程度必要な栄養素もあります。

だから食事は出来るだけきちんと摂らないといけません。
でもカロリーが・・・・
今は結構便利なものがあります




食事の時間も凹ますチャンスに変える
たった5g!3つの働きでなかったことに!
脂肪吸着・糖質カット・善玉菌サポート!

「ダイエットに失敗ばかりしている」
「ストレスのあるダイエットはもう嫌だ」
「メタボの主人をなんとかしたい」などとお考えの方におすすめです。

たった1gで食事に含まれる脂肪を9gもなかったことに

炭水化物のブドウ糖化を軽減し、余分な吸収をカット

脂肪をカットするだけではなく、腸内環境を整えて
美肌・体臭・健康などの改善もできる

この記事へのコメント