メタボリックシンドローム予防のための食事

メタボリックシンドローム予防の第一歩は、やはり食事からです

食事で振り返らなければならないのは、その内容だけでなく、
食べる量時間、そして食べ方も大きく影響をするのです

毎日少し気をつけるだけでも予防はしていけるものなので、
出来る範囲で少しずつでも実行していくと、健康には効果があり、
またダイエットとしてもよいことにつながるでしょう

メタボリックシンドロームにならないための措置として、
寝る3時間前以降はものを食べないということも重要です

それはなぜかというと、寝る3時間以内にものを食べると
中性脂肪は増え、その中性脂肪を代謝する機能は
食べてすぐに眠るとうまく処理されないからなのです

そうやって処理しきれなかったエネルギー血液中に残り、
それがもとで中性脂肪が増えてしまうのです

また、食べたあとにすぐ寝ることは脂肪吸収をよくすることで、
それで脂肪がたまってしまい、
さらにメタボリックシンドロームの状態に一歩近づくというわけです

そしてゆっくりと時間をかけてよく噛んで食べると、
それもメタボリックシンドロームの予防につながるのです

咀嚼をすると満腹中枢が刺激され、少量の食事でも満足できるうえ、
インスリンの分泌が正常になって肝臓の負担を軽減します

目安としてはひとくち30回程度で、
食べ物が口の中でおかゆ状になるまでが理想的です

また食事の量を制限することもメタボリックシンドローム
予防策としては忘れてはならないことです

それには一日に必要なエネルギー量をまず調べておいて、
その範囲以外では食べないようにすると、
脂肪を余分につけないことになります
Hea30-1.jpg

この記事へのコメント